RSS | ATOM | SEARCH
長野の飯縄山に「水くみ男」が出現
長野市と長野県飯綱町の境にある飯縄山(1917m)の東側斜面中腹に雪形の「水くみ男」が早くも姿を見せ始めたとのこと.2009年2月20日17時11分 読売新聞の記事.

「水くみ男」というのは雪が解けた部分の岩や草木が周囲の雪から浮き上がり、水をくむ姿に見えるというもの.この「水くみ男」は通常3月下旬〜4月下旬に現れて,ふもとの田に水をはる季節が来たことを知らせるのだが,2月下旬に「水くみ男」が見られるのは異例とのこと.

「水くみ男」が早く現れると夏に水不足になるそうだ(雪不足が影響?).うーん,温暖化とか気候の変化が影響しているのだろうか?ちなみに飯縄山は二百名山の一つ.

百名山関係の本
author:せとさん, category:ニュース, 01:11
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://hike9.setosa.com/trackback/950342